みんなの声
 その

  この道場は、親も共に経験を積み、学ぶための道場です。
そして指導者も、『教えることは学ぶことである』をモットーに、
日々研鑚を積んでおります。
  有能な子供たちと情熱あふれる指導スタッフ、そしてこれを
支える保護者家族(当道場では世話人という)が、それぞれの
立場で、いい状態で統制されています。
 
大事なことは何なのか、を忘れないようにしたいものです。。

新入会員から

新入会員の保護者から・・・生の声
苦しくたって〜

米山道場父兄
入門したての時は、嫌がるのを無理やり道場へ連れて行き「こんなに嫌がるの
 に、、、」と自己嫌悪に陥ることもありました。夏頃から少しづつ面白くなっ
 たようで、道場通いも今では楽しみにしています。帯の色が変わるごとに逞し
 くなってきたように思います。

▲躾という点で大変良いと思っています。これからもビシバシお願いします。
家族以外の人から怒鳴られると言うことがなかったのでとてもいい経験をさせ
 て頂いていると思っています。
今以上に厳しく指導してください。

▲泣き虫だったけれど、以前よりもやる気が出て泣かなくなりました。姉のほう
 も「氣」が少しづつ入っているので今後とも、ビシビシご指導ください。やる
 気,根気,負けん気の氣を身につくようお願いします。

入門まもなく入退院を繰り返し休んでいました。本人が、ほかの子供たちが色
 帯を締めていることで、どうしても追いつきたい、と頑張っています。

▲空手に行く、という楽しみが出たようです。
▲根気強くなった。生活の中にメリハリがついて本人が自信を持っているようで
 す。

▲自ら進んで行きたがるときとそうでない時があります。今日もお腹が痛いから
 帰りたいと言っていましたが時間がたつとともに打ち解けたらしく楽しそうに
 していたので安心しました。もう少し強い意志がもてるように通わせたいと思
 います。

▲躾や活動が活発になってきたと思います。よその場所に行くときにみんなにお
 世話になっています。

▲礼儀が身について自分のためになるのではないかと思いました。自分のことは
 自分でするようしにしてほしいです。

河南道場父兄
♪♪♪「苦しくたって〜 悲しくたって〜 道場の中では平気なの ?」と学校の
 作文に書いていました。もっとビシビシ鍛えてやってください。

▲母が入門させたけれど、嫌がらずに稽古に通う本人が今では不思議です。
▲自分から「行きたい」と言って来たので頑張って練習しているようです。体を
 動かすのが好きなようなので親はただ応援するだけです。宜しくお願いします。

▲楽しみに行くとは言わないけれど、「泣かずに行かなければ」という気持ちに
 なっているようです。

▲兄の方は、色帯になってから意欲が出てきたようです。妹の方は自立してきた
 感じで、私の方が子離れしなくては。。。これからも宜しくお願いします。

▲思いのほか頑張ってます。親としてはあまり協力できなくて申し訳ありません。
▲少し逞しくなりました。甘えっ子なので精神的に成長してほしいと思います。
▲とにかく、子供が一生懸命なので宜しくお願いいたします。
▲少しですが、「欲」が出てきたみたいです。「上手になりたい」「違う色帯に
 なりたい」、、、二人とも少しづつですが成長しているみたいです。母は嬉し
 いです。

入門して半年、9月頃からやっと楽しみに来れるようになりました。友達もた
 くさん出来、今では、12月芸能大祭の練習をしているようです。

▲大変良かった、、、これからも宜しくお願いいたします。         
▲空手がある日を毎回楽しみにして来ています。(道場に着くとおとなしくなりま
 すが。。。)本部道場への近道があったら教えてください。

▲息子は先日の仙台市武道祭から張り切っていくようになり喜んでいます。これか
 らもどうぞ宜しくお願いいたします。

▲最近やっと皆とまじって練習できるようになり嬉しく思っています。精神的に強
 い子になってくれればと思います。

▲少しづつですが、逞しくなってきているようです。
▲風邪を引きやすく保育所を休みがちでしたが、夏頃から休むようなことはなくな
 りました。

▲張り切りすぎて風邪を引いてしまいました。稽古を楽しみにしている様です。
▲子供が嫌がらずに練習に参加しています。自分で稽古したいと申し出たので忍耐
 強く継続させたいと思っています。

▲半年になりだいぶ心身共に強くなった様子です。児童,保護者間の融和を図る行
 事を。

今のところ自分から進んで空手に行こうとしています。
▲稽古が新鮮でとても楽しいようです。

豊里道場父兄
 ▲初めは「すぐやめる」と思ったけれど楽しく行けてます。自分が言い出した事も
  あり頑張っています。目標(3月)が出来、楽しみと不安と両方のようです。

 ▲兄の方は前々から空手をやって見たかったので「強くなりたい」と言いながらや
  ってます。親としては強さよりも何事も最後まで負けずにやってほしいです。

 ▲大きな声で挨拶が出来、人の話を聞けるようになり感心しています。なによりも
  本人たちがやる気があるのでこれからも続けさせていきたいと思います。

 ▲帰ってくると「楽しい」と言うけれど、時により支度が出来なくて時間に間に合
  わないときがあります。家では聞き分けがなく困っていますが、空手ではみんな
  と同じようにできるのか??、少し心配です。

本部道場父兄
 ▲仙台市武道祭、組手の一回戦で負けて悔しかったのか大泣きしていました。悔し
  い,という気持ちが芽生えてきたと実感し成長を感じました。次々に同級生、そ
  の下の子供たちの入門で競争心が出てきたように思います。本当の意味の自立を
  目指して親も努力していきます。

  ▲見学にくる前、よその団体の練習も見ました。近所だし、友達もいたので良いと
  思っていたのですが、修空館の教え方を見て、(少し遠かったのですが)こちら
  に決めました。お金が掛からないような気の配りよう、子供がわかり易い教え方
  などなど。。。修空館でなければここまで成長しなかったとおもいます。幸い、
  二人とも、空手を嫌がることなく稽古も楽しみにしています。ライバルもできて
  いい刺激になっている様子。。。

  ▲多少,以前よりも逞しくなってきたようです。