武士道
武士と武士道

武士という言葉自体は、既に奈良時代に“武官”“武人”の意味で使われていた。しかし「武士道:新渡戸稲造」で述べる武士道の主体としての武士が台頭するのは平安時代中期の10世紀以降のことである。その頃から合戦を“職業”とする“つわもの(兵)や官人貴族の仕えて警固をあずかる”“さぶらい(侍)”そして、武力をもって公的に奉仕する“もののふ(武者)”が現われ、彼らを総じて“武士(さむらい)”と呼ぶようになったのである武士は大いなる名誉と大いなる特権と、それらに伴う大いなる責任を持つ“特権階級”であった。大切なことは彼らが、“大いなる特権”と同時に“大いなる責任”を持っていたことである。これが“身分にともなう義務”つまり“noblesse oblige”というものである。武士は特権階級であるが故に“行動の共通基準”が必要であったし、そのことが武士道の確立につながった。(特権だけを主張し、責任や義務を果たすことを知らない、戦後の民主主義下の日本人とは違う)

武士道というと言葉からすぐに連想されるのが「葉隠」であり、「武士道と云うは死ぬことと見つけたり」である。そして、この言葉によって、現代日本人の多くが、武士道を“死に急ぎの哲学”と誤解したのである。武士道と“死”が密接に関係するものであることはいうまでもない。しかし武士が死に急いでは失格なのである。武士の第一の義務は、その国(藩、領土)を守り、主君に忠節を尽くすことだから、武士は最後の最後まで生き延びなければならないのである。死に急いではその義務を果たせない。「武士道とは死ぬことと見つけたり」は「武士たる者、悟りを開き、いつ死んでも悔いることのないよう、立派に生きろ」という、“立派な生”のあり方についてのメッセージだと考えるべきである。新渡戸のいうところの「死を親しむ」は「死を恐れない」と解すべきで、「賤しむべき生」は武士にあるまじき生のことであろう。

いま「武士道」を読む  志村史夫 丸善ライブラリー