戻る


とは

宇宙すべてのものを構成する物質であり、微粒子。
宇宙のすべての生成、変化、発展を営む原動力。
生命を司る根本エネルギー、陰陽の性質を持つ。

氣構成

私たちは次の二つの氣で生かされている。
   先天の氣 ・精氣元々持って生まれた氣。
          ・元氣母親からもらう氣。
   後天の氣 ・天氣、地氣、空氣、樹氣、食物

人間

大宇宙の生命体から氣(生命エネルギー)をいただき
 生かされている我々人間は、『小宇宙』という。
人間は宇宙、万物の一つで、氣で構成されている。
氣の力で生命活動を行っている人間は、ただの物質
 ではない。人間の心と体をつなぐのは氣。

『大宇宙の中の小宇宙』

小宇宙

★『大宇宙の中の小宇宙』(NHK)という言葉が好き。
 大宇宙の生命体
に、小宇宙(人間)の我々一人一人が、
 ぶら下げられ、生かされ、
生きている。風に吹かれても
 雨に打たれても、氣持ちよく生かされてい
る、という
 ことを忘れてはならない。

意念で

★氣功の練習(練功)は、形よりも意念(イメージ)が
 大事。初めは雑念で
消されイメージが中々湧かないが、
 段々に集中しコントロールできるよ
うになる。慣れる
 と意念は自然な形で沸きあがり、いつしか自由に変化

 し、発展し、広がっていく。あるときは春の日差しを
 いっぱいに浴びる木々になり、大地、根から栄
養分
 (地の氣)をいただいて木々の緑が深みを増し、天か
 ら天の氣をい
ただいて活力あふれ大きくなっていく
 イメージ。

氣誘導 ★イメージはやがて自己の身体に変化をもたらし、体の
 中の固着、硬縮
していたものが、あたかも、春の雪解
 けのように緩解していく。自己と
の対話の中から健康
 状態を把握し、変化し、元氣な健康体に回復して
いく
 であろう。
氣感を

★氣とは、氣の持ちようである。しかし、練功で得た氣
 感を手がかりとして
どの人にも、高齢者の人にも、
 病弱な方にも、体力に応じて氣の誘導
はできる。深い
 ところから、しかも、心身のセルフコントロールとし
 て、
見事に変わって行くのが分かるであろう。



戻る