戻る


氣功とは

■呼吸と、独特のゆったりした動きにより体内の氣血の
  めぐりをよくする心身鍛錬法。
■心身のリラックスを通し、天地宇宙の氣と一体となる
  (天人合一)癒しの技法。
■自然との調和。地球の自然(環境)により生かされて
  いることを、氣感、体感する功法。
■体を取り巻く自然環境や宇宙との交流を通じ、生きる
  能力を引き出す方法。

氣功種類

■硬氣功と軟氣功の二つに分けられる。
     ☆硬氣功  武術氣功などで、肉体の鍛錬、集
             中力を養う。
■軟氣功は、さらに、外氣功と内氣功に分けられる。
     ☆外氣功  氣を体外に発し、照射し、病氣の
             予防と治療に使われたりする。
     ☆内氣功  自己の持つ内の氣を練り、治療、
             健康増進に役立てる、など。
■内氣功には、動功、静功、按功がある。静功はいわ
  ゆるイメージトレーニング(瞑想的)。     

ポイント

■四つのポイントがある。三要素(意念、呼吸、動作)
  に、プラス感覚、『氣感』である。
■氣感によって、自分の身体の対話、自己コントロール
  に結びつける。

氣の効果

■呼吸法によって集中力を高め、自律神経を自由にコン
  トロール出来るようになる。
■ゆっくりと深い呼吸により、全身の力を抜き、緊張した
  筋肉と靭帯をほぐし、骨格を柔軟にする。
■潜在能力を発揮できる力を養い、思い通りに自己改革
  も行えるようにな。
■心身のリラックスにより、脳の働きは、集中力、記憶力
  の最大の力となって活性化される。 

氣の効能

■氣の通り道である経絡の流れを良くし、特に神経系統
  の疾患に対して効果が高い。
■主に,心臓血管器系の疾患、また、呼吸器、消化器、
  秘尿器系統の疾患に対し効果が高い。
■肩こり、腰痛、呼吸器疾患など日本人に多い症状の
  予防回復に効果がある。

能力開発

■集中力、想像力、記憶力、判断力、直感力、自信、やる
  氣、ストレス解消、願望達成、ストレス解消、願望達成、
  観察力、先見力、認識力の強化。
■別名、感動ホルモン、満足ホルモン、やる氣ホルモンと
  いわれ、感情の高揚を促進する役割を持つ。


戻る